スポンサーリンク

ケンメリとは ケンメリスカイラインの名前の由来は?



「わずか197台ケンメリGT-R」で希少価値も高く有名なケンメリスカイラインですが
ケンメリはどこから来たのかご存知でしょうか?
ケンメリスカイラインの名前の由来、ケンメリスカイラインの裏話までを
解説していきます!







ケンメリスカイラインとは?




1972年販売開始され1977年まで全グレードで67万562台を生産
そのうちGT-Rはわずか197台であった。


原因は排ガス規制によるものであり本物のケンメリGT-Rは現在では希少価値が高くなっている。



ケンメリスカイライン名前の由来とは?





なぜ「ケンメリ」と呼ばれるようになったのか見ていきましょう。

広告キャンペーン「ケンとメリーのスカイライン」から。
これは、先代のC10型の時代に展開された「愛のスカイライン」キャンペーンを継承、
発展させたもので、「愛のスカイライン」のキャッチコピーも引き続き使用された。内容としては、若い男女のカップルがスカイラインに乗り、
日本各地を旅するというシリーズもののCMで、この二人の名がケンとメリーである。

性能の高さや、レースでの栄光といった旧来のスカイラインの
硬派なイメージとは異なるソフトなイメージのCMシリーズであったが、
当時の世相ともマッチし、一般的には、このCM自体が人気を博し、
やがては社会現象と呼べるまでになった。


ケンメリーのスカイライン」というキャッチフレーズから
ケンメリ
と呼ばれるようになった。

そして4ドアモデルではヨンメリ
と呼ばれ親しまれている。



スポンサーリンク






ケンメリスカイライン裏話とは?




ケンメリスカイラインにはこんな裏話?噂があったことをあなたは知っていましたか?

CMソングが・・・




CMで使われたBUZZの「ケンとメリー〜愛と風のように〜」
実はオリコンランキングで19位にランクインと大躍進していたのです。


ケンメリスカイラインにはロータリーエンジンが搭載されていたかも・・・




実は旧車専門ショップ「ガレージ石坂」よりカーメイキングマナブスの社長、近藤学が購入したケンメリスカイラインは
当時、日産が放出した車両とされている。
その車両に刻印されていたフレームナンバーが今迄公にされてきた番号より若く
フロントメンバーの形状が通常市販車と違っていた。
そしてマウントも異なっていたことから日産がロータリーエンジンを
開発する際のテストベッドだったのでは?と指摘されている。
この車両は近藤が購入後、日産から正式に生産証明を与えられ、
ナンバープレートを取得して公道走行可能な状態にされた。



最後に・・・


ケンメリスカイラインお馴染みのCMを見ながらお別れしましょう。







スポンサーリンク