オートサロンでケンメリGT-R・R32コンプリートカーがオークションに!

 


 

昨年は走行10kmのR34GT-Rが出品されたことで話題となった
2019年の東京オートサロン・オークション With BH Auction
今年の目玉は…


 

HKSが手掛けたR32GT-R「ZERO-R」と
生産台数が197台の1台!レストラされた赤のケンメリGT-R!

今年はいくらで落札されるのか?

 

スポンサーリンク



東京オートサロン2018のオークションで
2002年に生産終了したR34 GT-Rが出品される事がわかった。


 

走行距離はなんと「10km」だ!!

 

R34の詳細を見ていこう!

 

 

チューニングカーの祭典オートサロンの歴史!!

 


 

ショップやメーカーがチューニングカー、カスタムカー、

新作パーツなどが展示される
東京オートサロン。

 

その歴史は古く1983年に前身となる東京エキサイティングカーショーが行われた。

 

第5回となる1987年から東京オートサロンと名前が変え開催され、
近年では東京以外の都市でも開催されている。

 


 

カスタムカー以外にも自動車メーカーがこの日に

合わせてパーツや新車を展示や販売を
行っている。

 

 

スポンサーリンク


出品車両はどんな車?

 

HKS ZERO-R(BNR32-COMPLETE CAR)


 

1993年にHKSテクニカルファクトリーが

R32 GT-Rをベースに製作された販売されたコンプリートマシン。

 

エンジンはRB26DETTの排気量を2688cc(オリジナルは2568cc)にボアアップ。

HKSの可変バルブタイミング機構「V-Cam」などにより
最高出力280馬力規制から600馬力になっている。

 

ほかにも2シーター化や
重量バランスを考慮し、燃料タンクをリアシート部分に移設。
右のフューエルキャップからのラインがリアウイングに合わせているなど

チューニングカーの領域を超え本当のコンプリートカーである。
実際に生産されたのは4台と稀少だった。

 

 

ケンメリGT-R(KPGC110)


 

生産台数が197台のGT-R!

今回、出品されている車両は塗装のみ補修の為塗り替えているがその他は
良好な機関維持されており
距離も15000kmと極上の車両となっている。

その価格は天井知らずの為、
今回どこまで上がるかが注目される。

 

 

最後に・・・

 

年々希少な車両が出てくるこのオークション!

昨年と驚く価格で取引されたが(詳しくはココ
今年は絶対数の少ない車両だけにその価格に注目が高まってますね。
どんな人がどれだけの値段で購入するのか楽しみですね。