スポンサーリンク

R33は失敗は作本当になのか?スカイラインGT-R R33を徹底検証!!

Sponsored Links
「R33は失敗作だ」という声をたまに聞く。
太った?見た目は?でも本当は?
日産スカイラインGT-R33は本当に失敗作なのか?R33を検証!!






R33スカイラインの製作の歴史は・・・


R33どのように作られたのか?

いまから20年ほど前、
ニュルブルク城ーーラテン語で「黒い城」を意味する古城は、
ドイツ西部に広がる深い森の中にある。その城を囲むようにレイアウトされた全長20.832kmのサーキットが
「ニュルブルクリンク北コース」を7分59秒で駆け抜けたクルマがあった。
山あいの地形を活かした勾配に170を超えるコーナー、
雨や濃霧など気まぐれな天候要素も加わり、
世界で最も難易度の高いサーキットに数えられる。
スポーツカー開発の聖地とも呼ばれ、
ここで計測されるラップタイムはニューモデルの性能を示すインデックスとなっている。

その車がBCNR33型プロトタイプのそのクルマこそが、
「スカイライン R33GT-R」だ。

先代のR32GT-Rの記録を21秒も短縮したR33GT-Rは
「マイナス21秒のロマン」というキャッチフレーズを掲げ、
鳴物入りで市販化された。


なぜR33は失敗作と言われる理由は?


・「R33で太った」

ボディサイズの大型化。
ぜい肉を削ぎ落としたようなR32に比べ、
全長・ホイールベースともに伸び、
車重も増えたR33に違和感を覚えた人多いという。
一説によるとコンパクトなR32のリアシートが狭すぎるといった営業サイドの要望に合わせたとのこと。
ボディサイズの大型化は、R32に慣れ親しんだ多くのGT-Rユーザーからは違和感があったのかもしれない。


・カーマニアの間でいまでも語り草となっている「土屋圭市氏の広報チューン・ブチ切れ事件」。

1995年のカー・ビデオマガジンで、レーシングドライバーの土屋圭市氏が恒例の筑波アタックに参戦した。
本来土屋氏が乗るべきクルマの調子が悪く、自分のR33 V-Specを持ち込み、
日産の広報車であるR33とR33 V-Specと対戦したのだが……結果は土屋氏が惨敗するのである。
その後、広報車には車高が市販モデルよりも低く調整されていたほか、キャンバー角の変更、
ブーストがかけられているなど、スペシャルチューンが発覚する。

土屋氏の怒りも相当なものだったが、この事件でR33GT-Rは評判を落としたばかりでなく、
先のニュルブルクリンク北コースで叩き出した「マイナス21秒」にも疑念の目を向けられることとなる。

人気漫画『頭文字D』の登場人物の発言。

「R33なんざブタのエサ」「あれは日産の失敗作だ」とのセリフを覚えている人も多いのではないだろうか。
イニDの中では他の車種に比べて、最もひどい物言いとなっている。
人気漫画だけあって、この登場人物の発言で「R33は失敗作」というイメージが広く浸透してしまった印象は否めない。


スポンサーリンク





■実際のところR33は失敗作だったのか?


あえて指摘するなら、この時代のGT-Rに求めるユーザーのニーズは
日産が狙っていた層ではなかったということだろう。
これは当時の日産のマーケティングミスであり、広報戦略の失態であり、
R33GT-Rにとっては「悲劇」であったと言わざるを得ない。


R33スカイライン実際は?

それでも、その後のGT-Rの進化は、このクルマの存在なしに語ることはできない。
R33の存在があったからこそ、最高傑作と呼ばれる次世代のR34が生まれたのだ。
R33GT-Rは、それまでのコンパクトさを捨て、大型化し、
絶対的なスピードを追求するターニングポイントとなったスポーツカーなのだ。



スポンサーリンク