スポンサーリンク

RB26 バルタイで変更で封印開放!R32R33R34共通!


R32R33R34スカイラインGT-Rで搭載されているRB26DETT。
RB26のバルタイ(バルブタイミング)をいじってこのエンジンをノーマル以上に
キレイに吹き上がらせる方法があるのをご存知ですか?
タービン交換などではなくノーマルタービンやブーストアップ仕様で
乗っている方には必見の方法をご紹介します。









バルブタイミングって何?



インテーク側のバルブをエキゾースト側のバルブの開閉をカムシャフトが行っています。
バルブの開け閉めのタイミングをタイミングベルトやタイミングチェーンなどで行っています。
簡単に言うとそれぞれのバルブを開け閉めするタイミングの事です。


その中でインテーク側とエキゾースト側の両方が開いている時を
オーバーラップと言います。



オーバーラップを作ることでこんなメリットがあります。
・ピストン下降時抵抗の軽減
・残留している燃焼ガスを吸気側の新気が追い出してくれる

このことを覚えて次を見てみてください。


RB26のバルブタイミング(オーバーラップ)は?




R32、R33が
IN 作用角240度 中心角113度
EX 作用角236度 中心角125度

R34が
IN 作用角240度 中心角117度
EX 作用角236度 中心角121度


オーバーラップは0なのです。

これは燃費の為?パワーを抑えたのでは?
と所説ありますが詳細はわかりません。

このことで低速トルクが少ない!
なんて言う人も居ます。


スポンサーリンク





RB26のどんなバルブタイミングがいいの?




ノーマルカムプーリーにはスライド機能がありません。
ですのでエキゾーストのカムプーリーをバルブタイミングを遅らせる方向に1コマずらす。
なんて方法でオーバーラップを作る人も多いようです。

スライドカムプーリーに交換している人は
INを早めると低速トルクが増える
EXは遅らせると高回転の伸びる

後は実際の車体の状態とチューナーさんのお好みと言ったとこでしょうか?

※バルブタイミングを変えたら、点火時期等のECUは現車合わせをしましょう。







スポンサーリンク