スポンサーリンク

R32でドリフトしてみよう!?【スカイライン】


GT-Rのイメージが強いR32スカイラインですが
GT-RはアテーサET-Sの4WDでドリフトは出来ない。
走るならグリップ走行だけ?
いやいやそんなことはないです。
日産系だとシルビアや180SXなどが人気ですが
スカイラインR32、R33、R34でドリフトする人も少なくありません。
HCR32を中心にドリフトでも人気なのでご紹介しましょう。









R32でドリフトするには?




純正のサスペンションでは軟らかいので車高調
見た目も低くなってかっこよくなります。



デフがGT-Rでは多板クラッチデフがありますが
その他のモデルではオープンデフ又はビスカスデフでほとんど役に立ちません。
社外機械式デフに交換する必要があります。



R32でドリフトする時の苦労ってなに?


比較的ドリフトはしやすいとは言われますがシルビア系と比べるとハンデがあると言われます。
では、どこが苦労所が見ていきましょう。


低回転のトルクが少ない。


4気筒のSR20と比べてしまうと6気筒のRB20は低速トルクが少なくなってしまいます。
RB25やRB26になれば多少は改善しますが今度は軽さの部分が・・・
ですが高回転域の音は6気筒独特のいい音が響きます。


ハイキャスが付いている。


ハイキャスがある為。リヤタイヤが動きてしまい安定したドリフトがし辛いです。
(管理人はハイキャスが付いたままドリフトしていましたが・・・)


ハンドルの切れ角が少ない。

シルビア系と比べるとスカイライン系はハンドル切れ角が少なくなっています。



スポンサーリンク






R32でドリフトするこんなカスタムカー達!


ドリフト最前線で走るR32達はこちらです。















ちなみに・・・



こちらはGT-Rのドリ車です。



スポンサーリンク