自動車税走行距離課税に変更?追加?気になる税金事情!

 




来月12月中旬に予定されている


平成31年度(2019年度)税制改正で自動車税が大幅に変わりそうです。

それは走行距離に応じた自動車税!

走行距離課税が出来そうです!

 

走行距離課税とは一体どんなものか見ていきましょう!

 

スポンサーリンク



 

 

現在の自動車税とは?

 

現在は排気量に応じて税金が決まる仕組みになっています。
毎年に1回。
ゴールデンウイークが終わった頃に支払いのハガキが届きます。

具体的なクラス分けは・・・

これに加え初年度登録が古い車には

そしてハイブリットや電気自動車には減税があります。

スポンサーリンク



 

走行距離課税とは?

 


政府が自動車関連税制の見直しを検討している。
内容はおそらく排気量に関係なく走行距離に応じて課税していくことになりそうです。

まだ具体的な金額や内容は発表されていない。

 

まとめ・・・

 


減税がる為ハイブリッド車や電気自動車が割合が増えて
車離れも進んでしまった為、国の税収は減っているようです。

そこで今回の税制改革を打ち出したようです。

これが施行されれば

多いな排気量の車で低走行距離の車は減税

小型車でも走行距離の多いものは増税

ということが起きそうです。

当ページでも今後の動向を見ていきたいと思います。