R32 LEDでメーターバルブを明るく



 




R32スカイラインのメーターは現代車と比べるとかなり暗く醜いです。

 




年数的にも球切れや変色してしまっているスカイラインもあります。

 




そんなメーターをLEDで明るくしてみませんか?

 




注意点から豆知識を紹介します。




 

R32 メーターは実は

 








R32スカイラインのメーターバルブは5Wのエッジ球。

 




つまりヘッドライトのスモールバルブを同じ物を使っています。

 




現代の車のようにLEDやELが基盤について訳ではないんです。

 




純正バルブ







LEDバルブに交換後







ちょっと高級感に欠ける気もしますが



逆に自分の好きなように変更もできるということです。

 




おそらくメーターのメンテナンス性を向上の為に




バルブが切れても交換できるようにしてあるか




ただコスト的に出来なかったか・・・・

 




 




R32 メーターバルブ交換




 





まずはクラスターリッドを外してメーターを取り出します。





メーターを裏返します。





赤丸のバルブがメーターのバックライトバルブです。





サイズはT10バルブが5箇所です。

スポンサーリンク








ちなみにピンクの丸がウィンカー




オレンジの丸は警告灯類のバルブです。




バルブを外す






エッジ球を外してLEDバルブに交換します。





取付は外した時と逆の手順です。








豆知識




メーターバルブは5箇所しかない為、LEDバルブでもスポット的に光るバルブでは光り方にムラが出てしまいます。








LEDバルブを選ぶときは拡散タイプや 薄型チップLEDがお勧めです。




エッジ球でも明るいタイプや色付きに交換する方もいるようです。




最後に




最後ににこんないろんな色を見てみましょう




ニスモメーター+グリーンバルブ





レッドバルブ





パープルバルブ