スポンサーリンク

R30にライトバンにハッチバックも!革命児だったスカイラインとは?



1981年~1990年生産されたR30型スカイライン。
西部警察、鉄仮面などで大人気R30型スカイライン。

初の4気筒ターボやボディー軽量化など先代モデルから大改革された。

そんなR30スカイラインには知る人ぞ知る希少モデルがあったという。

先代モデルのスカイラインジャパンC210からどのように変わったのか見ていこう。





R30ボディ形状の縮小しかし性能は飛躍的にアップ



先代のC210スカイラインジャパンとR30スカイラインのボディーの違いを見ていこう。
ホイールベースはC210の6気筒モデルと同じ2,615 mm。

全長

C210スカイラインジャパン  4,600 mm
R30スカイライン       4,595 mm 

全幅

C210スカイラインジャパン  1,625 mm
R30スカイライン       1,665 mm

車両重量

C210スカイラインジャパン  1,205kg
R30スカイライン       1,165kg

エンジン

( 馬力 / トルク)
C210スカイラインジャパン  L20ET (145PS/21.0Kgm)
R30スカイライン       FJ20ET(205PS/25.0kgm)

幅こそは広がっているものの軽量化したうえでのパワーが大幅に
アップがされている。

スポンサーリンク



R30ハッチバックモデル



R30ハッチバックモデルがあったことをあなたはご存知だろか?

それがこちらです。




このモデルは2ドアハードトップと4ドアセダンと共に、
ファストバックの5ドアハッチバックラインナップされていた。

R30ライトバンモデル


R30に存在したライトバンモデル「エステート」。
その車両がこちら!


丸テールではなくなっている点とルーフが延長されている。


R30のハッチバックモデルは1985年に生産が終了。
ライトバンモデルはR31が生産された後も「エステート」として生産されていたが
1990年に生産終了となった。







スポンサーリンク