スポンサーリンク

スカイラインジャパン街道レーサー達を一挙公開!!




スカイラインジャパンことC210型スカイライン。
当時、街道レーサーと言われるチューニングが流行りだった。
今もファンが絶えず現役の車両もごくごくたまに・・・
そんな車両を一挙公開!







スカイラインジャパンってどんな車?




キャッチコピー「SKYLINE JAPAN」であったためジャパンと呼ばれ
プラットフォームは日産・ローレル(C230型)と基本的に共通であった。
GT-Rそこなかったものの直列6気筒エンジンを搭載する「GTシリーズ」
直列4気筒エンジンを搭載する「TIシリーズ」が用意された。


スカイラインジャパンで人気だった街道レーサーってなに?




街道レーサーとは富士グランチャンピオンレース(通称グラチャン)の前座であったシルエットフォーミュラに触発された車両の作りが主で、グラチャン仕様やチバラキ仕様とも呼ばれる。前述の通り以前は「走り屋」の同義語であったが、現在では主にシャコタン、リムの深いホイール、派手な装飾パーツ、大音響のエンジン音などの改造を施した旧車のことを指す俗称。「族車(暴走族の改造車)」とほぼ同じ意味で使用されており、こういった改造は旧車愛好の一つのスタイルとなっている。由来は、1980年代に登場したモーターマガジン社の自動車雑誌「ホリデーオート」の読者投稿コーナー「Oh!MY街道レーサー」で、前述のスタイルの改造車が数多く登場したことによる。「レーサー」とついているが、最高速やテクニックでは競わず、危険な走りはしない旧車愛好家であることが多いが、一方で、このような改造車の暴走族は現在でも存在している。



スポンサーリンク





スカイラインジャパンの街道レーサー達!

今までに出てきた仕様を一挙公開!!






















いかがでしょうか?
今回はスカイラインジャパンの魅力を違った角度からお伝えしました。




スポンサーリンク