R34 マルチファンクションディスプレイを交換しよう!

 


 

スポンサーリンク



R34スカイラインの中で1999年にGT-Rが登場!


2世代GT-R中で唯一ブースト圧や水温などがディスプレイで確認できるようになっている。


 

しかし・・・

年数が立つにつれて徐々に劣化も見られている。

特にモニターのひび割れは定番の不具合として
オーナーを悩ませている。

自分で交換の手順を公開します!!

 


 

 

R34GT-Rのマルチファンクションの機能は?

 


 

メーター表示されるものは

・ブースト計
・スロットル開度
・インジェクター開度
・油温計
・水温計
・排気温計
・吸気温系
・電圧計

その他に
・ナビ
・テレビ
これはオプションで付いていたようです。

 

 

スポンサーリンク


R34GT-Rのマルチファンクションディスプレイを外す

エアコン吹き出し口を助手席側からドライバー等外す

2本のビスを外す

カバーを外したらMFD Assyを固定している両サイド4本のビスを外す

裏のカプラー2つを外す

MFD Assyの両サイド4本のビスを外す

FFCケーブルで繋がっているのでFFCケーブルを抜く

その後ビスを計10本を外してモニターを交換する。

 

以上が交換手順です。

工賃の節約やDIYに活用してみてください。

作業はあくまで自己責任でお願いします。

 

ディスプレイやカバーはこちらから!