スポンサーリンク

R32・R33・R34でNISMOヘリテージパーツが追加!


R32・R33・R34スカイラインで生産終了していた部品が
NISMOヘリテージパーツとして再生産されています。
今回はエンジンパーツを中心としてヘリテージパーツが追加されました!





NISMOヘリテージパーツとは?



『1989年にR32型が発売されてから30年近く経った今なお、
多くの方を魅了してやまない第二世代のスカイラインGT-R。
「末永く乗り続けたい」「楽しみ続けたい」「親子2代で乗り継ぎたい」
というお客様の想いをサポートしたいと、
製造廃止となっていた純正補修部品を再供給すべく
復刻生産の取り組みを始めました。

既に当時の生産設備や原材料が無いという厳しい条件の中
「これが無いと走れない」「車検に通らない」
「メーカーでないと製造できない」といった重要な純正補修部品を優先し、
サプライヤーの協力のもと調整を進めてまいりました。
調整の結果、復刻生産を実現したハーネス、ホース・チューブ、エンブレム、
外装部品などの再供給を2017年12月より開始しています。』
引用元https://www.nismo.co.jp/heritage_parts/#parts


このような思いで2017年12月から部品生産が復活しています。


今回追加されたヘリテージパーツとは?



今回復活したのはR32・R33・R34スカイラインで
RB26のエンジンブロックやシリンダーヘッドなどのエンジン部品が多かったみたいです。


スポンサーリンク





最後に・・・



NISMOよりヘリテージパーツは増えてきていますが
まだまだ再生産してもらいたい部品は山ほどあります。
これからも再生産部品をどんどん増やしてもらい
NISMOのリフレッシュメニューの幅も増えて行くかもしれないですね。


スポンサーリンク