スポンサーリンク

R34トラブル対策スカイライン GT-R RB20RB25RB26総まとめ!


R34は2002年12月
生産終了しており、最終型が15年を超えるスカイラインも多くなってます。
GT-RやRB20/RB25/RB26やR34 独特のトラブルも
年式的にも距離からしても消耗品以外にも不具合がちょこちょこ出てくる頃、
不具合が出る前、出てからも対策できるよう覚えておきましょう!

R34だから起こる?34持病

カーボンピラーガーニッシュ

浮き・剥がれが目立つ車種が増えてきています。
NISMOやその他社外のピラーガーニッシュが出ています。
イメージチェンジにもなります。

トランク(ハイマウントストップランプ周辺)の錆

 塗装、板金で錆の進行を早めに止めましょう。

ECUによる不具合

平成10年初期25GT-T・MT車は対策品交換

運転席パワーウィンドウ(AUTO時)挟み込み防止機構の誤作動

一度閉まった後に10Cm程開いてしまいます。
運転席PWアンプ交換

RBエンジン関係の不具合多発?

イグニッションコイル不具合

 RB20、25、26の共通でしょうか?
強化品としてスピリットファイヤーや流行りのR35純正の流用がお勧めです!

オイルポンプ割れ

RB26で時々?起こるようです。
オイルポンプ交換はオイルパン外しの為エンジン降ろしての作業になります。
交換の際はその他、劣化部品も交換することをお勧めします。
N1用やTOMEIなどに交換される方が多いみたいです。

タペットカバーからのオイル漏れ

RBエンジンではよく見られえる症状です。
タペットカバー(カムカバーという人もいるが)からのオイル漏れ
ガスケット交換で漏れは止まります。

他にもこんなのあったって方はコメント下さいね。

 

Sponsored Links

スポンサーリンク