スポンサーリンク

レギュラーとハイオクは何が違うの?今さら聞けないガソリンの豆知識!


車のガソリンのハイオクとレギュラーの違いをご存じですか?

高級車やハイパワー車にはハイオク。
コンパクトカーや軽自動にはレギュラー?

ハイオク車にレギュラーは?
レギュラー車にハイオクは?

そんな疑問を解決していきます。





ハイオクとレギュラーの違いは?


ハイオクとレギュラーの違いはオクタン価の違いです
先ず純粋なガソリンは自然発火しやすく、
自動車の燃料に使用すると
ノッキング現象という異常燃焼を起こし、
エンジンに不自然な動きや振動を発生させます。

これを改善するために自動車用のガソリンには
添加物が加えられ、異常燃焼を起こさないようになっています。


オクタン価とは異常燃焼の起こしにくさを示す値です。


この数値が高いほど異常燃焼が起こりにくくなっています。

ハイオクとレギュラーの区別はオクタン価の違いです。


スポンサーリンク



レギュラーとハイオクはなぜ値段が違うのか?



一般的にハイオクとレギュラーでは1リットル当たり約10円高くなっています。

それはハイオクの方がオクタン価を上げるために添加物を多く使用されいる為です。
その他に燃えカスを洗浄する洗浄剤を含まれているので値段が高くなっています。

レギュラー車にハイオクを入れたらどうなるの?



レギュラー車にハイオクを入れたらどうなるのでしょうか?

パワーがあがったりエンジンがキレイなる?という話がありますが
効果はさほどないと言われています。

最近の車は制御が細かく燃焼効率が良いため
レギュラー車にハイオクを入れてもほとんど変わらないというのが正直なところです。

古い車の場合は制御が曖昧でハイオクを入れると燃費が少し向上したり
エンジン内が汚れづらくなることもあるようです。

壊れることはないので古い車の場合は試してみてもいいかもしれないですね。

ハイオク車にレギュラーは入れてはダメ?



ハイオク車にレギュラーを入れた場合はどうでしょう?


ハイオクはノッキングがしにくくなっている燃料です。
その燃料で動かすように制御されたエンジンに
ノッキングをなりやすいレギュラーを入れることは
エンジン内でノッキングを起こりやすくなります。


燃費の悪化や異常振動が起こりやすくなります。

最悪の場合エンジンブローになりますので絶対にやめて下さい。


まとめ



ガソリンの違いとしてハイオクとレギュラーと区別とそれぞれの仕様の車について
見ていきました。

燃料はそれぞれの車種で指定されている燃料を入れることが車には優しいようですね。

ちなちにヨーロッパの多くの国ではオクタン価95以上のガソリンしか販売されていないので
並行輸入の欧州車はしっかりとハイオクを入れてあげましょう。


スポンサーリンク