V37スカイラインクーペが日本に!


ビックマイナーでプロパイロット2.0の追加。

走りの400Rで話題となっている。

V37スカイライン。

 

これまでセダンモデルしか日本では買えなかったが

クーペモデルが遂に日本で購入可能となった。

 

 

V37スカイラインはおさらい


以前の記事でも紹介しましたが、

V37の登場した時は2リッターターボと3.5リッターハイブリットで登場。

2019年のマイナーチェンジで3.5リッターハイブリットと3リッターツインターボ。

 

2リッターエンジンはメルセデス製エンジンだったものを

マイナーチェンジで日産製に変更されました。

 

しかし、海外ではセダンとクーペがあるものの日本では

未だにセダンのみの販売しかありません。


スポンサーリンク


 

V37スカイラインクーペが日本でも乗れる!


 

V37スカイラインクーペにどうしても乗りたい方に向けて

日産公式ともいえるチューニングメーカーの

IMPULから新車が購入可能となったようです。

 

それがコチラ!



北米からの新車並行輸入車購入としてスカイラインクーペを

日本でも乗るとこが出来るようです。

 

その為左ハンドルや各種北米仕様のままのようですが

クーペの販売のない日本で乗っていたら

かなりの注目の的ではないでしょうか?

 

 

IMPULとは?


日産のモータースポーツを牽引し続けている

星野一義さんが手掛けるチューニングメーカー。

スーパーGTでカルソニックで参戦し続けています。


GarageIMPUL

 

 

V37スカイラインクーペの日本発売は?


 

発売の噂はちらほた出ていますが、

今のところ噂止まりと言えるでしょう。

V37スカイラインが2014年に登場していること、

先代のV36スカイラインが8年間販売されたことを考えれば

まだまだマイナーチェンジやクーペの導入の可能性はあるのかもしれません。

 

もし、クーペが日本販売がなくV37スカイラインから次期型になったら・・・

 

ここで販売されたスカイラインクーペはかなりの希少車となりそうですね。