スポンサーリンク

新型スカイライン発表!V37ビックマイナーで機能も走りも劇的変化!

 

 

7月16日、国内向け販売されているスカイラインが正式発表が

日産グローバル本社で行われた。

 

今回、マイナーチェンジではあるが

V37のイメージを劇的に変える変更が多くなっている。

 

それでは新型スカイラインの中身を見ていきましょう。

 


 


 

新型スカイラインでの変更点は?

 

今回の変更はこちらです。

・ダイムラー製の直4エンジン廃止

・VQ30DETTの追加

・プロパイロット2.0搭載

・足回りではIDSというセミアクティブダンパーが搭載

・インフィニティエンブレムから日産エンブレムに変更

・丸テールの復活

 

エンジンではダイムラー製の直4エンジン廃止し、

VQ35+HM34のハイブリットとVQ30DETTの2つとなった。

VQ30DETTは既に北米で採用されているエンジンで以前紹介もしている。

また、噂されていた自社製の直4ターボエンジンは搭載がなくなった。

自動運転ではプロパイロット2.0搭載で

運転中の手を放しての自動制御と車線変更が出来る。

詳しくはこちらです。

プロパイロット2.0はハイブリットモデルのみ装着となっている。

IDS(インテリジェント・ダイナミック・サスペンション)は

ハイブリットグレード以外に装着される。

 

ソレノイドのアクチュエーターによって

ダンパーの減衰力を電子制御するシステム。

 

走行中の突き上げを吸収したり、

コーナリングのロールを4輪独立で制御を行っている。

 

最後にV37になって取付されているエンブレムが

インフィニティマークが付いていたが

今回のビックマイナーで日産マークへと変更になっている。

テールランプがスカイライン伝統の丸テールへと変更されている。

 

スポンサーリンク


 


新型スカイラインのグレードと価格は?

グレードは7つに分かれている。

 

VQ35+HM34ハイブリットモデル

GT Type SP  6,048,000円

GT Type P    5,711,040円

GT      5,474,520円

 

プロパイロット2.0を付けるのであればこの中のいずれかの

グレードとなる。

 

VQ30DETT

GT Type SP  4,818,960円

GT Type P   4,554,360円

GT      4,274,640円

 

特別仕様車

400R    5,523,120円

・VQ30DETTで最高出力400馬力

・4輪アルミレッドキャリパー対向ピストンブレーキ

本革スポーツシート(ダイヤキルティング/レッドステッチ)

400Rグレードバッジ

 


 





最後に・・・

今回のマイナーチェンジは日産がスカイラインへの力の

入れようが窺えるのではないでしょうか?

 

安全の向上しながらも

走りの大幅向上への変化が多い内容に思えましたね。

 

V37として最後のマイナーなのか?

V37はまだ進化していくのか?

これからも目が離せないですね。

 

Sponsored Links

 

 


 

 




スポンサーリンク