スポンサーリンク

スカイライン マイナーチェンジは2017年秋頃か?V37どう変わる?遂にプロパイロット搭載か?


V37スカイラインのマイナーチェンジ情報が入ってきました。
マイナーチェンジ後プロパイロット搭載!外見は?エンジンは?
2014年2月V37スカイラインは「ダイレクトアダプティブステアリング」や「アクティブレーンコントロール」を採用し登場。
ハイブリットモデルスカイライン、2Lターボスカイラインの異なる2つのスカイラインでオーナーを魅了しています。




スカイラインのマイナーチェンジで外見は?

ここでは北米インフィニティQ50の情報を元に探っていきます。


テールランプのイメージが少し変わってきそうですね。
丸テールではなさそうです。


Sponsored Links




スカイラインのエンジンが変わる?

北米では・・・

インフィニティQ50の場合では、
V6,3.7L自然吸気(VQ37VHR)エンジンからダウンサイジング化、
日産が新開発した3.0LV6ツインターボ「VR30DDTT」
エンジンに換装。

VR30DDTTの特徴は?


・「アドバンスタイミングコントロール」により、
スロットルのスピードを向上させた新型モーターをバルブタイミングシステムに組み込んでレスポンスを向上。

・タービンブレードのデザインを最適化し、新型のタービンスピードセンサー、インタークーラーシステム、電動アクチュエーターを採用してパフォーマンス、レスポンス、燃費を向上。

・新開発アルミエンジンブロックはシリンダーボア×ストロークを共に86.0mmとスクエア型エンジンとして設計。

・エンジンブロックのミラーボアコーティング、シリンダーヘッド一体型エキゾーストマニホールドの採用によてエンジンを軽量化。

コア構造の重量は194.8kgと従来エンジンから14.1kgの軽量化を実現したほか、
更に新開発ターボチャージャーと水冷式インタークーラーなどの採用によって、
北米向けに搭載されているVQ37VHRより重量増は25.8kg、エンジン全体の重量は220.6kgに抑えられています。http://nakamura-news.com/q50skyline#i



V37マイナーチェンジで2つのグレード設定が!

V型6エンジン進化してか?

インフィニティQ50 3.0t
3.0L V型6ツインターボエンジン
最高出力304馬力 最大トルク:40.8kg-m
トランスミッション:7速AT

400馬力のスポーツグレードも?

インフィニティQ50 Red Sport 400
3.0L V型6ツインターボエンジン
最高出力:406馬力
最大トルク:48.4kg-m
トランスミッション:7速AT
駆動方式:2WD/4WD

今のことろ日本向けの予定がないとのことですが
この2つがスポーツグレードのスカイラインとして日本に販売される可能性は否定できません。

スポンサーリンク




スカイラインにプロパイロットが遂に搭載か?

2016年セレナ、2017年に入りエクストレイルに装着された
プロパイロット1.0!
スカイラインのマイナーチェンジに合わせ装着されるとのことです。

プロパイロット1.0は
高速道路の単一車線で自動運転技術で、
アクセル、ブレーキ、ステアリングを自動的に制御。
渋滞時の発進、停止と、巡航走行の2つのシーンで、
ドライブを楽にしてくれる技術。

現行型にもプロパイロットの前進技術として「アクティブレーンコントロール」は搭載されていますが
70Km/hまでの制御となっている。

マイナーチェンジの時期は?

現在のことろ北米向け、インフィニティブランドのQ50発売が2017年の7~9月頃の発売予定。
日本仕様のスカイラインセダン発売は、10月以降ではないかといわれています。

マイナーチェンジ後も楽しみですね。



スポンサーリンク