スポンサーリンク

V37新型スカイラインクーペ 国内販売へ!!


先代V36でスカイラインクーペは販売されていましたが
V37型スカイラインになってからはクーペはありませんでした。
スカイラインクーペがなくなって10年遂に復活するようです。
その性能を見ていきましょう!!






スカイラインクーペの歴史


1代目R31スカイラインクーペ



1985年に発売されたR31型スカイライン
GTSシリーズの2ドアモデルとしてスカイラインクーペは1986年-1989年に販売された。
グループAのホモロゲーションモデルとして「2ドアスポーツクーペGTS-R」を800台限定で
販売され代表的なモデルとなっている。


2代目V35スカイラインクーペ



スカイライン史上初のV6エンジン搭載のV35スカイライン。
2001年に発売されスカイラインクーペは2003年-2007年の間で販売された。
初期モデルのV35スカイラインセダンでは丸テールではなかったが
クーペでは丸型テールランプが復活した。


3代目V36スカイラインクーペ



2006年にV36スカイラインのセダンが登場、
スカイラインクーペは2007年4月G37クーペがニューヨーク国際オートショーで発表され
2007年10月に発売を開始した。

スポンサーリンク




V37スカイラインクーペの性能


インフィニティで発表されているのは
2.0tの2000ccターボ

3.0tの3000ccターボ

レッドスポーツ400の3000ccツインターボ

こちらは以前の記事で紹介してますので詳細はコチラで!

V37スカイラインクーペ発売時期は?



日産が高級ブランドのインフィニティからQ60クーペとして発表され
2018年に発売される。
日本発売はその後とみられる。



スポンサーリンク