R33 ハイキャスキャンセル化!走りたい人必見!

 


 

R31スカイラインから装着されたHICASですが
実はR31スカイラインで世界初採用された
技術だったんです。


 

そんなハイキャスも走る・ドリフトする人には
「ぐにゃぐにゃする」など、あまり好まれません。

そこでハイキャスをキャンセルする方法を紹介していきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク


R33スカイラインに付いているハイキャスって何?


HICASとは日産が「リアアクティブステア」と呼称する能動的後輪操舵機構のことで
ステアリングの動きと車速に合わせてリヤタイヤをほんのわずかに
操舵することにより横滑りの防止や旋回時の安定性を向上させている。

リヤタイヤが動く為、サーキットやドリフトをする人の中にはリヤの「ぐにゃぐにゃ」感がある為
賛否はわかれる。

R33スカイラインのハイキャスってどんなもの?


R32スカイラインの油圧タイプから簡素化と応答時間向上のために電動アクチュエータに変更され
アクチュエータモーターは12V、20Aの電力で300kgを発生する。

スポンサーリンク


R33スカイラインのハイキャスキャンセル方法は?

ハイキャスキャンセルロッドに交換


ハイキャスのユニットごと外し、
固定をしてしますことで安定感を作ることができます。

モータータイプのハイキャスなので
交換時は外したハーネスの処理をするだけなのでお手軽なのも
R33の魅力かも。

純正ハイキャスにキャンセラー取付


純正のハイキャスロッドにロッド固定用のワッシャを噛ませて
ハイキャスコンピューターに疑似信号を送る事でロックをしています。


ここまですれば警告灯も点けたくない人にお勧めです。